女性

収益物件で人生が彩られる|利回りを意識しましょう

利回りを高めるポイント

紙幣

利回りとはなにか

収益物件とは、毎月一定の賃料収入を見込める不動産を指します。収益物件を購入する際には、利回りが重要な点となります。これは、何年で出資額を回収できるかを判断する指標です。例えば、利回りが5%であれば、20年間で出資額を回収できます。もちろん、不動産そのものの所有権は残りますから、20年でしっかり回収できれば、大きな利益となります。利回りには、表面利回りと実質利回りがあります。必要経費を考慮しないものは表面利回り、考慮すれば実質利回りとなります。収益物件を購入する際には、当然ですが、実質利回りを比較することが大切となります。また、新築物件であれば入居者の募集はこれからということです。利回りも目安となりますから、周辺相場を検証し、できるだけ正確な利回りを把握しましょう。

築10年というキーワード

収益物件で利回りを高めるためには、低価格で購入することも重要です。その際不動産の特徴を知っているか否かで、大きな差が出る可能性があります。不動産は、築10年ごろから価格が落ち着く傾向があるということです。つまり、このタイミングで買えば、安く購入することができるというわけです。ついつい新築物件に注目してしまいますが、築10年物件を検討してみる価値は十分にあります。現在の築10年物件は、しっかりと耐震基準をクリアした物件です。阪神淡路大震災後の2000年、中越地震後の2005年の建築基準法改正後ということになりますので、比較的安心できます。つまりは、長期保有が可能ということです。築10年、高利回りというキーワードをクリアした物件は、大きな狙い目となることを理解しておきましょう。

経営に関して学ぶ

複数の自動車

駐車場を設置し経営するメリットとして、少ない資金で始めることができリスクも少ないため、手軽に始めることができるのです。また、駐車場経営する際には周辺の環境を理解することが大切であり、必要な条件が整うことで経営がスムーズに進むでしょう。

もっと詳しく

投資費用の抑え方

駐車場

駐車場経営はアパート経営やマンション経営と比較して収入を得ることはできませんが、土地の購入や工事の施工などにかかる費用が少ないので、誰でもはじめやすい特徴があります。また、施工後の管理が簡単なので、不動産の管理を面倒に感じている方に人気があります。

もっと詳しく

賃貸経営の不安からの解放

相談

賃貸事業には、空室リスクなどの不安があります。サブリース契約を結ぶことで、空室保証をしてくれ、収益力の高い物件であるように様々な工夫を凝らしてくれます。オーナーが経営に心配をしなくてもよくなるのが何よりもありがたいです。

もっと詳しく